TOPICS

インフルエンザ予防接種の受け入れ制限について

2017/10/24

インフルエンザワクチンが品薄となっており、
かかりつけの患者様を優先させていただく為、
平成29年10月24日(火)より以下のような制限を設けさせて頂くことになりました。

①初診の方(過去に保険診療のない方も含む)

②先月・先々月中に保険診療にかかられていない、インフルエンザ予防接種のみご希望の方

③今年度2回目の方

 

以上の方は接種をお断りさせて頂きます。

 

それ以外の方の接種についても在庫が無くなり次第、お断りさせて頂きます。

皆さまにはご不便をお掛け致しますが、
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

担当医表 10月

2017/09/28

担当医表 10月

※診察の際、医師のご希望がある場合は診察終了の30分前までにお越し下さい。

※平成29年4月1日より、岸本先生の休診日が火曜日から土曜日に変更となります。

※H29年4月より、木曜日・金曜日は自由診療のご相談を予約制とさせて頂きます。

ご希望の方はクリニックの診療時間内にお電話でお問い合わせ下さい。

休診情報

2017/09/28

10月

 28日(土):遠山先生休診 → 岸本院長代診

 31日(火):岸本院長午後休診 、 午後は中村先生1診

 

11月

 15日(水):伊勢先生休診 、 岸本院長1診

となります。

担当医の希望ある方はご注意ください。

 

 また、11月より月曜日午前は岸本院長1診のみとなります。

女性医師の診察ご希望の方は月曜日午後・水曜日終日・土曜日終日にご来院ください。

今年度のインフルエンザ予防接種に関して

2017/09/14

今年度のインフルエンザ予防接種に関してのお知らせです。

注意事項をお読みの上、以下の必要な書類を印刷・ご記入頂き、お持ち下さい。

また、接種受付時間に関しましては、クリニックまで直接お電話でお問い合わせ下さい。

インフルエンザ予防接種用予診票

インフルエンザ接種票(中学生まで)

委任状

未成年ワクチン接種同意書

 

 

 

≪以下、注意事項になります。必ずお読みの上、お越し下さい。≫

 

 

◆予約制ではございません。

 

◆接種期間は10月2日から翌年2月末までを予定しておりますが、ワクチン無くなり次第、予告なしに終了致します

 

◆接種期間中であっても、在庫状況によっては接種ができない場合がございます。

 

1歳未満のお子様は、ワクチンのメーカーの関係で、当院での接種は行えません

 

◆お子様の接種時の介助はこちらでは一切行いません。接種を中断した場合も料金は頂きます

 その為、未就学児の方は小児科での接種を推奨致します。

 

◆未成年の方は保護者の方の同伴が必要です。

 保護者以外の方の付き添いのもと、予防接種をご希望される方は委任状の提出が必要になります。

 上記より印刷し、ご記入の上、お持ち下さい。

 なお、予防接種法において「保護者」とは、「親権を行う者又は後見人」とされています。

 

◆16歳(高校生)から19歳までの方は同意書をお持ち頂ければ、お一人でも接種可能です。

 上記より印刷し、ご記入の上、お持ち下さい。

 

◆未成年の方は母子手帳を必ずお持ち下さい。

 

◆区の助成対象の方は接種用紙を必ずお持ち下さい。

 

◆平日と土曜日で料金が異なりますこちらをご参照下さい。

 

 

以上の件、予めご了承頂きますよう、お願い申し上げます。

 

自由診療のご相談をご希望の方はご一読下さい。

2017/02/27

H29年4月より、木曜日・金曜日自由診療のご相談を予約制とさせて頂きます。

ご希望の方はクリニックの診療時間内にお電話でお問い合わせ下さい。

月曜日~水曜日は今まで通り午前・午後ともに診察終了の1時間前までにお越し下さい。


※経過観察の方、次回施術日のご予約をご希望の方は

 岸本院長診療日の診察終了30分前までにお越し頂ければ大丈夫です。

診療便り2017年第9号

2017/10/19

当院で行っているアレルギー検査について以下に簡単に記します。

 

採血によるアレルギー検査
 一般的に行われている採血検査です。ハウスダスト・ダニ・スギ花粉など様々なアレルゲンに対して検査可能です。

保険の関係上、検査は月に13種類までとなります。気になるアレルゲンがあれば指定する事も可能です。

これというものはないが、出来るだけたくさん多くのアレルギー検査がご希望であれば

吸入系・食餌系アレルゲンの合計39種類を同時に検査する事も可能です。

 

薬物アレルギー検査
 血液と薬物を検査会社に提出します。ご希望の方は検査したい薬物を持参のうえ、御来院ください。

保険の関係上、検査は月に1剤のみとなります。結果がでるまで2週間程度かかります。

検査できる曜日は月~金曜日の平日のみで、祝祭日の前日は受付できません。

※薬物アレルギー検査で陰性となっても薬物アレルギーを完全に否定できるわけでありません。

 確実に確かめる方法は内服チャレンジテストになりますが、通常は入院の上行います。

 

パッチテスト
 気になる物質を専用ユニットを用いて体(主に背中)に貼付します。歯科からの依頼で金属アレルギー検査をする事が大半です。

貼付は48時間必要でその間は入浴・シャワー・スポーツ・発汗の多い労働などができません。

判定は貼付後48時間・72時間・1週間で行うため、最低でも検査日・2日後・3日後・1週間後の4日間の外来受診が必要です。

そのため、判定日が日祝日に重なる日は検査ができません。土曜日は診療時間が短い事もあり、通常は月・火曜日が検査開始となります。

アレルギーが強く出すぎたり、貼付がはがれたりしてしまうと検査中断となってしまいます。

また、パッチテストで陰性であったとしてもアレルギーを完全に否定する事はできません。

 

準備や検査会社に提出の関係でアレルギー検査は診察終了間際は受けることができません。

ご希望の方は早目の来院をお願いします。

 

院長便り2017年第15号

2017/10/19

みなさんこんにちは。院長の岸本です。
 最近急に寒くなってきましたね。それなのに台風が近づいてきています。週末は大雨が心配ですね。

台風の過ぎ去ったあとは気温がまた高くなるようなので体調管理にも十分に気をつけようと思います。
秋になってしみ治療希望の方が増えています。夏の紫外線も落ち着きしみ治療には適した時期になってきました。

「しみ」と思っているものの中には保険で治療できるものもあります。気になる方はお気軽にご相談ください。
ただし、自費治療の御相談は曜日や受付時間に制限があり、当日お受けできない場合があります。

出来るだけ事前に電話でご確認をお願いします。


All Rights Reserved.Copyright(C)2013.toyo-wakaba.jp