TOPICS

担当医表 6月

2018/05/28

担当医表6月

 

※診察の際、医師のご希望がある場合は診察終了の30分前までにお越し下さい。

 

※岸本先生の休診日は土曜日となっております。

自由診療のご相談をご希望の方はご一読下さい。

2018/04/02

自由診療(美容皮膚科)担当の医師は岸本院長になります。

ご相談をご希望の方は、月~金曜日の午前は12時まで、午後は16時までにお越し下さい。

土曜日はご相談をお受けしておりません。

 

※当日の施術は行なっておりません。

※混雑状況によってはご相談をお受け出来ない場合がございます。

※ご相談時、お子様を連れてのご来院はご遠慮下さい。

ご相談のご予約も承っております。

ご予約をご希望の方、ご不明点・ご質問がある方はクリニックの診療時間内にお電話でお問い合わせ下さい。

 

※経過観察の方、次回施術日のご予約をご希望の方は

 岸本院長診療日の診察終了30分前までにお越し頂ければ大丈夫です。

診療便り2018年第5号

2018/05/24

季節がら、多汗症で来院される方が増えています。

以前からお知らせしていますが、当院では①塗り薬、②飲み薬、③注射薬による治療を行っています。

以下に簡単に説明します。

①塗り薬:塩化アルミニウムを手・足・脇などの汗の気になる部位に外用します。

 早い方であれば2-3日で効果を感じることができます。

  メリット:簡便にできる。

  デメリット:数日毎に塗り続けないといけない。かぶれる場合がある。自費(50mlで¥1000-)である。

②飲み薬:汗をかきたくない時のみに内服されている方が多いです。

  メリット:保険適応がある。

  デメリット:口渇の副作用がでやすい。眼・心臓・前立腺などの病気の方は内服できない。

③注射(ボトックス):一度注射をすると4-9か月程度効果が持続します。

  メリット:注射後はしばらくは何もしなくてもよい。

  デメリット:保険適応があっても高価(3割負担で¥30000-弱)。治療内容の説明および同意書取得、薬剤取り寄せのために説明当日の施術ができない。

  ただし、保険適応は腋窩(ワキ)のみです。また、予約料として予約時に別途¥5000-が必要となります。

 

汗が減ると臭いも減るようです。多汗症でお悩みの方は一度ご来院ください。

治療内容によっては診察・説明に時間がかかる事があります。

出来るだけ診察時間終了間際ではなく、終了1時間前までの御来院をお願いします。

休診情報

2018/05/24

5月

 26日(土):遠山先生休診 → 岸本院長代診

 

6月

 13日(水):伊勢先生休診 → 岸本院長1診のみ

 16日(土):遠山先生休診 → 新倉先生代診

 22日(金):岸本院長休診 → 新倉先生1診のみ

 

担当医にご希望のある方はご注意ください。


All Rights Reserved.Copyright(C)2013.toyo-wakaba.jp