HOME>美容皮膚科 ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは?

ケミカルピーリング

皮膚にフルーツ酸(乳酸)や植物の酸(サリチル酸)を用いて
蓄積された古い角質層を除去することにより、新陳代謝が促進され、
きめ細かなハリのある皮膚を取り戻します。


適応症

ニキビ・過剰皮脂
酸の働きで古い角質をはがすと毛穴の出口に厚くなって詰まってる古い皮脂が外に出ます。
これを数回続けることによってニキビの芽となるコメドが減少し、ニキビができにくい肌になります。ニキビ予防としてもおすすめです。

ニキビ痕 ・毛穴の開き・小じわ
酸の働きで古い角質を除去すると、基底細胞が活性化します。その結果、表皮にハリを与えることになり、ニキビ痕の凹凸等が減少します。

シミ・くすみ
紫外線を浴びると、お肌は自分を守ろうとする働きでメラニン色素を大量に作ります。
通常作られたメラニンは、時間がたつと本来のターンオーバーによって肌の表面まで押し上げられ、アカとなってはがれ落ちます。
しかし、新陳代謝が衰えていると、そのまま沈着してシミとなってしまいます。
酸の働きにより細胞の新陳代謝を促進させて、蓄積された異常なメラニンを含む表皮細胞をはがすので、シミを薄くすることができます。
また、角質を薄くすることで、美白剤の浸透性も高くなります。


施術について

施術時間は、顔全体で約15~30分です。
断続的な施術をする必要があります。3週間~1ヶ月おきに1回を目安とし計6回をお薦めしていますが、肌質・症状により異なります。
当院では妊娠している方に対して施術を行っていません。
※この治療は自費で、すべての方に同一の効果が表れるわけではありません。


All Rights Reserved.Copyright(C)2013.toyo-wakaba.jp